コラム
ライター: 瑠璃椿

世代を超え人気「キン肉マン」の魅力解剖![価値高騰中 売り時!]

2020.3.21

キン肉マン

 

キン肉マンといえば、日本で知らない人はいない国民的アニメの一つです。

 

週刊少年ジャンプで連載され、アニメが大人気となり、

今でも世代を超えて愛される作品で、当時のプロレスブームなどの火付け役でもあります。

 

この記事では、そんな大人気コンテンツであるキン肉マンの魅力を大解剖!

 

作者・ゆでたまご氏による独自理論展開「ゆで理論」や、

参加型コンテンツの先駆けとも言える超人の魅力についてもご紹介いたしますので、

ぜひご覧ください。

 

BUY王では世代を超えて人気の「キン肉マン」シリーズの買取を強化しております。

 

キン肉マンシリーズでご不要になったコミック、アニメDVD・Blu-ray、

キン肉マン消しゴム(キン消し)などがございましたら、ぜひBUY王までお売りください!

 

 

キン肉マンのあらすじ

 

 

キン肉マンは現在でも多くの人に愛される作品ですが、古い作品ということもあり

登場キャラクターの外見を知っているだけ、という方も多いのではないでしょうか。

 

キン肉マンは、ゆでたまご氏による少年漫画で、週刊少年ジャンプに1979年~1987年まで連載されていました。

 

その後キン肉マン2世などを挟みながら、2011年からは再び

初代キン肉マンを主役とする新シリーズがスタートし、

2020年現在も連載が続いています。

 

キン肉マンは、タイトルと同名のキン肉マンこと「キン肉スグル」が、次々と現れる強敵とバトルするプロレス漫画です。

 

キン肉マンを始めとして、登場キャラクターの多くは

「超人」と呼ばれる人間を超えた存在であり、

キン肉マンの仲間たちは「正義超人」、

敵対するキャラクターたちは「残虐超人」「悪魔超人」などと呼ばれています。

 

本作の戦いはドラゴンボールなどの他のバトルマンガとは違い、

一対一のリング上で行われるプロレスをベースにした戦いで、

たとえ人間離れした能力を使う者同士のバトルであっても、原則これは守られます。

 

キン肉マンは戦いを通して芽生える友情にスポットを当てていて、単純な勧善懲悪ものではない魅力があります。

 

「ダメ超人」として軽んじられながらもなお、

地球の平和を守るヒーローとして戦い続けるキン肉マンの成長も人気の理由のひとつです。

 

キン肉マンの連載初期は変身ヒーローものギャグ漫画というテイストでしたが、

中盤以降はシリアスなバトルに突入し、

終盤ではギャグの要素はほとんどなくなっています。

 

 

 

キン肉マンの作者・ゆでたまごとは

 

 

キン肉マンを語る上で外せないのが、作者のゆでたまご氏の存在です。
印象的なペンネームですが、どのような方かご存じないという人のために簡単にご紹介します。

 

ゆでたまごは、嶋田隆司と中井義則の合同ペンネームです。
キン肉マンは二人の代表作にしてデビュー作であり、

キン肉マン以外には「闘将!!拉麵男」や「ゆうれい小僧がやってきた!」などの作品があります。

 

印象的なペンネームの由来は、

「ペンネームを考えているときに、

嶋田が放屁したらゆで卵のような臭いがしたためそれにした」とする中井義則の説と、

「そのときに食べていたものがゆで卵だったので」とする嶋田隆司の説がありましたが、

後のインタビューにて中井義則の説が認められています。

 

二人は小学生時代からの同級生であり、週刊少年チャンピオン連載の藤子不二雄Aの「まんが道」に影響され合作漫画を作り始めたそうです。

 

1978年に「キン肉マン」で第9回赤塚賞準入選を果たしてそのままデビューしました。

 

キン肉マンは、嶋田隆司が小学5年生のときに描いていたもので、

中井義則がそれを気に入り二人は意気投合、

それ以降漫画を合作する中になったというエピソードがあります。

 

 

 

打ち切り寸前だったキン肉マンが国民的漫画となった理由

 

 

キン肉マン コミック

 

連載開始から40周年超えるキン肉マンですが、

キン肉マンは決して昔懐かしい漫画・アニメではなく、

現在も高い支持を得ている現役の人気コンテンツです。

 

今や国民的人気コンテンツとなっているキン肉マンですが、連載当初は人気が奮わず、実は何度も打ち切りのピンチにあっています。

 

そんなキン肉マンがなぜ、40年もの長い間愛され続けるコンテンツとなったのか、人気の秘訣をご紹介いたします。

 

 

読者を惹きつける「ゆで理論」の存在

 

 

キン肉マンのバトルには、作者のゆでたまご氏独自の理論、

通称「ゆで理論」と呼ばれる超理論が度々登場します。

 

ゆで理論は、真面目に考えるととんでもない理屈の理論なのですが、

この独自の理論のおかげでバトルに緊張感や爽快感などが生まれているのです。

 

ゆで理論の具体例としては

 

「物は重いほど早く落ちる」

「ブラックホールはホワイトホールで破ることができる」

「太陽は50数億年前には存在していた」

「全身が砂でできているサンシャインになぜか関節技が通用する」など

 

上げればきりがないほどの要素がありますが、

これらのツッコミどころが多すぎるとも言える理論を納得させる世界観を

完全に作り上げているゆでたまご氏と、

キン肉マンのバトル展開のセンスにはむしろ脱帽するともいえるでしょう。

 

強引で矛盾に富み、物理法則や科学的根拠などは一切無視していますが、

ゆで理論にはそれらを押し切るだけの説得力があり、読者を惹きつけます。

 

ゆで理論の存在は、キン肉マン人気になくてはならない欠かせない要素です。

 

 

 

参加型コンテンツの先駆け「超人」デザインの公募

 

キン肉マン

 

 

 

 

キン肉マンの画期的な要素の一つに、

「超人」のデザインを一般の読者から公募したという点があります。

 

そもそもキン肉マンは、当初怪獣退治をする漫画でしたが、コメディ要素が強く、当時はあまり人気が奮いませんでした。

 

怪獣退治編でテリーマンとのタッグマッチが好評を博し、

超人とのプロレス路線へと進出していきます。

 

キン肉マンに登場する超人たちは、味方である正義超人も

相手役である悪行超人もほとんど公募によってデザインされており、

有名所では鎧姿が印象的な「ロビンマスク」や「ラーメンマン」、

「アシュラマン」や「バッファローマン」も公募から誕生した超人です。

 

参加型のコンテンツはSNSなどが普及した現在では珍しくないものですが、

キン肉マンの連載当時では非常に挑戦的な試みで、

しかも「超人」という漫画の中でもメインを務めるキャラクターを一般公募するというのは、

読者側からも大変な反響があり、盛り上がりました。

 

このような試みは、キン肉マンが打ち切り寸前の漫画だった窮地から

一気に人気作へと駆け上っていったきっかけの一つであると言われています。

 

 

 

必殺技の魅力

 

 

キン肉マンはバトル漫画です。
バトル漫画の絶対的人気要素の一つに「シビれる必殺技」の存在があります。

 

ドラゴンボールなどでも見られることですが、

キン肉マンにも「キン肉バスター」や「キン肉ドライバー」など、

印象的な技が数多く存在します。

 

味方の超人や敵の超人たちもそれぞれ固有の技を繰り出しており、

キン肉マン世代であれば一度は真似をしてみたという経験もあるのではないでしょうか。

 

 

 

中井義則の画力

 

 

キン肉マンは現在でも連載が続いている長寿作品ですが、

作者の画力は衰えるどころか今も進化を続けています。

 

長期連載となると画力が衰えたり、古い絵柄から抜け出せず

最新の漫画とは見劣りしてどこか時代遅れに感じたりすることもありますが、

中井義則の絵柄はそうしたことを感じさせないよう画風も刷新しており、

プロレス漫画におけるリアルな筋肉を描けるように研究するなど努力を続けていることを明かしています。

 

今この瞬間に読み始めても全く見劣りすることのない画力とストーリーを見せてくれるのは、キン肉マンが世代を超えて愛される秘訣です。

 

 

 

キン肉マン世代に与えた影響

 

 

キン肉マンが当時の世代に与えた影響にはどのようなものがあったのか、ご紹介いたします。

 

 

プロレスブーム

 

 

キン肉マンといえばプロレスに則ったバトルシーンが魅力の漫画です。

 

当時プロレス業界も人気のピークを迎えており、

キン肉マンもプロレスも一躍大ブームとなりました。

 

キン肉マンと新日本プロレスとのコラボ企画などもあり、

現在でもキン肉マンとプロレス業界の関係は続いています。

 

当時はキン肉マンに登場する技を真似する子供も続出し、

危険な行いであるとPTAで問題視されたというエピソードもあります。

 

 

キン消しブーム

 

キン消し

 

 

 

キン肉マンのブームのひとつとして絶対に外せないのが

「キン肉マン消しゴム(キン消し)」のブームです。

 

キン消しは1980年代初頭に登場し、

キン肉マンの登場キャラクターたちを模した消しゴムは

当時の子供達に爆発的にヒットし一大ブームを巻き起こしました。

 

当時の玩具らしくカラーは単色塗りで、

消しゴムという名前ですが実際には塩化ビニルで作られており

スーパーカー消しゴムなどと同じく消しゴムとしては使用できません。

 

もともとはガシャポン景品として販売されていたキン消しですが、

様々なメーカーによりでかキン消し、チビ消しシリーズなどの

バリエーションが作られています。

 

あまりの人気に「キンケシ子守唄」というテーマソングまで登場するなど

社会的なブームとなり、

キン肉マンを読んだことがない人でも知っているという存在になりました。

 

2017年という近年になっても新規に制作されるほどの商品で、

コレクターも未だ数多く存在し、希少なものは高値で取引されています。

 

 

 

キン肉マン2世とは

 

 

キン肉マンには、キン肉マン2世という続編が存在します。

 

原作者ゆでたまご氏自らが描くキン肉マンの正当な続編で、

キン肉スグルの息子である「キン肉万太郎」が主人公の新世代の物語です。

 

キン肉マン2世には初代キン肉マンのレギュラーキャラクターにして人気キャラクターであったテリーマンやロビンマスクの息子も登場することで話題を呼びました。

 

 

 

キン肉マンの人気関連グッズ

 

 

 

キン肉マンの関連グッズは多岐にわたりますが、ここでは代表的なものを少しだけご紹介いたします。

 

 

キン肉マン消しゴム(キン消し)

 

 

ブームの項目でもご紹介しましたが、キン肉マンを代表するアイテムといえばこのキン消しです。

 

キン消しはバンダイが出しているガチャポン製品だけでなく、

大きいサイズのものや食玩野のキン消しなどもあります。

 

キン消しは非常に種類が多く、キン肉マンをはじめとした

レギュラーキャラクターからマイナーな超人などバリエーションも豊かです。

 

現在でも熱烈なコレクターが多数存在するコレクターズアイテムとして有名で、中古品買取店やオークションなどで取引されています。

 

 

キン消しの造形はスーパーカー消しゴムの造形を手掛けた廣田圭司が行っていましたが、

2017年以降は廣田圭司の息子である廣田敬厚が担当しています。

 

 

 

キン肉マンコラボTシャツ

 

 

世代を超えて愛されるキン肉マンは、著名人にも数多くのファンがいます。

 

2019年にはキン肉マン芸人として人気トーク番組「アメトーーク」にも登場した

サンドウィッチマンとキン肉マンとのコラボTシャツが制作されました。

 

 

2018年にもキン肉マンとは馴染みの深いプロレス競技の団体である

新日本プロレスとのコラボTシャツが出ています。
有名プロレスラーと思わぬ超人の組み合わせのコラボには注目が集まりました。

 

 

 

キン肉マンミュージアム

キン肉マン フィギュア

 

 

 

 

キン肉マンミュージアムは、「新世界100周年キン肉マンプロジェクト」の一つとして、

2012年6月29日に通天閣内にオープンしたキン肉マンの専用博物館です。

 

ここでは貴重なキン肉マンの黄金のマスク・銀のマスクをメインに、キン肉マングッズや漫画の複製原画などが展示されています。

 

 

 

キン肉マンアニメ・ゲームなど

 

キン肉マン アニメ

 

 

 

 

関連グッズとは少々異なりますが、キン肉マンは原作漫画以外にも、

キン肉マンブームの本格的な火付け役となったTVアニメや、

キン肉マンを題材にしたゲーム、パチンコ・スロット機などが存在しています。

 

これらキン肉マンDVD・ゲームソフトなども高価買取しておりますので、

ご不要となったキン肉マンのアニメDVDなどをお持ちでしたらお気軽にBUY王までご売却ください。

 

 

 

キン肉マン関連品の買取はBUY王へおまかせ!

 

 

BUY王ではキン肉マン漫画全巻セット、キン消しなど

キン肉マン関連グッズを、現在高価買取しております!

 

ご自宅に眠っているレアなキン消しやコンプリートした漫画、アニメDVDなどございましたら、BUY王までお売りください!

 

 

BUY王ではキン肉マンの漫画全巻セットやキン消し以外にも、

100ジャンル以上の様々な商品を買取いたしております。
まとめてお売りいただくとお得になるサービスに加え、

初回利用者の方にも買取価格を上乗せするサービスを行っていますので、ぜひご利用ください。

 

 

BUY王の宅配買取サービスなら、キン肉マンの漫画全巻セットなど

重たくてかさばるものでもご自宅にいながら簡単に売却することができます。

 

メールにて商品の買取金額も一点一点詳細にお伝えしますので、ご家族様やご友人様などとご一緒のご利用も可能です。

 

 

BUY王の宅配買取は全国どこでも送料無料でご利用いただけます。
貴重なキン消しも相場価格を調査して

納得の金額で買取させていただいておりますので、安心してお売りください。

 

カテゴリー アーカイブ