ブログ

旅行のガイド本は売れるのか?

2015.2.13
買取のコツ

こんにちは、BUY王(バイキング)加藤です。

 

私は海外旅行に行くときに限っては紙でガイド本を買ってしまうのですが、こちらをお読みの方はどうでしょうか?
私自身あまりそのときにしか使わない本を買うのは好きではないのですが、海外旅行のガイド本はついつい買ってしまいます。

 

海外でもネットを使う方法は増えてきているのでガイドなしで行ってもなんとかなるんじゃ?と思ってしまいますが、海外のネット環境は不安定なことも多いので、紙で持っていていつでも見れることが安心なんですよね。
繋ぎたくても繋がらないことや、繋がったはいいけど日本のLTEに慣れているととんでもなく遅いと感じることもザラなので、情報の範囲は限られますが、その場でさっと見れる紙のガイドにもしっかりと利点があると感じています。

 

さてさて、旅行に行ったはいいものの、同じところをリピートして訪問する人は稀(友人には東南アジアの同じ国を十回以上訪れている人もいますが、、)だと思いますし、そうなってくるとガイドはただの思い出をインデックスしておくための媒体になりますが、そう頻繁に開くわけでもなく。
海外旅行が好きな方なら「何冊も持ってるよ」という方もいるのではないでしょうか。

 

そして、やっとタイトルの回答なのですが、海外ガイドは売れます!
ただし、いくつかの条件が、、、

 

  • 大前提:ひどく汚れていないこと
    これ、当然ですが重要です…
  • 最新版であること
    次の版が出てしまっていると値が極端に崩れます。
  • 最新版でも、出版年が古いものはNG
    古い情報を当てにして旅をする人はいないですよね。
  • マップを切り離していないこと。もしくはマップがきれいな状態で付属していること
    これは海外に限らず、ガイド本では重要な要素です。

 

以上の条件が満たされていれば、数円での買取ということにはまずならないはずです。
現地で飲んだ一杯のビール分くらいにはなるかも?(笑)

 

※当店ではMOOK本に該当する場合には3年以内の商品を買取対象としておりますのでご了承ください。

 

「旅行本なんて価値がないのでは?」と思わずに、まずは当店で査定をされてみてはいかがですか?
捨てる前に、まずは当店へ!

 

それでは、今日はこの辺で。
BUY王(バイキング)加藤でした。

 

 

当社Twitter、Facebookアカウントのフォローもお願いします。
Twitter:@BUY_KING
FBはコチラ
1 / 11