ブログ

「大人でも楽しめる、大人だからこそ楽しめるアニメ作品特集」

2015.11.25
高価買取商品

こんにちは。バイ王査定担当のNMです。

 

本日は、当社で高価買取をしているアニメのBlu-rayboxをご紹介したいと思います。

 

ただただ、ご紹介するのもつまらないので…。

今回は、私の独断と偏見にまみれた

「三大、大人でも楽しめる、大人だからこそ楽しめるアニメ作品」

をご紹介いたします!

 

まずは1作目 「蟲師」

 

画像① 蟲師

 

~あらすじ~

動物でも植物でもなく微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達…。

それらを総じて“蟲”と呼ぶ。

その異形のモノ達は、時に“ヒト”を喜ばせ、そして悲しませる。

本来棲む世界の異なる“蟲”の姿を見ることが出来、“蟲”が“ヒト”に及ぼす影響を取り除く術を探究する者達を“蟲師”と呼んだ…。

この物語の主人公である“蟲師”ギンコは、放浪の旅の途中で様々な人々と、そこに関わる多種多様な“蟲”達と出会い、“蟲”が“ヒト”に及ぼす不可思議な現象の意味を紐解きながら、“ヒト”と“蟲”の世界を繋ぎ、共生へと導いていく…。

一話ごとに登場人物や舞台が異なる読みきり絵巻。

 

オダギリジョー主演で実写映画化もされたこの作品。

独特の世界観とヒーリングミュージックのような穏やかな音楽。

そして、昨今のアニメには珍しい、芝居に重点を置いた声優のリアルな演技。

お話も、そこはかとなく切ないものや、ホッとするものなど、繊細なストーリーが多く、現代社会に疲れた大人にこそ見ていただきたい、優しい涙を流させてくれる作品です。

 

蟲師二十六譚 Blu-ray BOX

蟲師二十六譚 Blu-ray BOX スタンダード版

 

 

 

そして2作目 「十二国記」

 

画像② 十二国記

 

あらすじ

日本で生まれ育った普通の女子高生・中嶋陽子は寝る度に恐ろしい気配に追われ、日を追う毎にその距離が縮まっていくという異様で怖い夢を見ていた。そんな陽子の前に、突如「ケイキ」と名乗る異装の男が現れる。ケイキは陽子を主と呼んで跪き、一方的に謎の盟約を迫る。突然の出来事に戸惑う陽子を異形の獣が襲撃、それを辛くも退けたケイキは、強引に陽子を月の影の向こうにある地図にない世界へと連れ去った。

 

原作の文庫本の売り上げはシリーズ累計750万部以上。

元々、ティーンズ向け文庫で出版されていたのですが、作品があまりにも素晴らしく、読者層が成人層へ拡大し一般向けレーベルの文庫で発売された過去を持つ作品です。

「自分が自分であるという事」「生きているという事」を教えてくれる、ハッとする名言の多いのが特徴の作品でもあります。

 

「あなた、目があるんでしょう?耳があるでしょう?そこにあるものを目を開いて耳をそばだててちゃんと受け止めていれば、分かることだってたくさんあると思わない?」

 

うーん。刺さります。大人になってから見ると、余計に刺さります。

 

十二国記 Blu-ray BOX

 

 

 

そして最後にオススメするのは 「モノノ怪」

 

画像③ モノノ怪

 

あらすじ

モノノ怪を斬ることができる退魔の剣を携えて諸国を巡る薬売りの男がいる。薬売りは妖異が現れる場を訪れる。モノノ怪を成すのは、人の因果と縁(えにし)。人の情念や怨念にあやかしが取りついたとき、モノノ怪となる。薬売りはモノノ怪の形と真と理を明らかにし、退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

 

お話も不思議な世界観で面白いのですが…。

ズバリ言いましょう。雰囲気アニメです。

とにかく映像がすごいです。背景が、和紙だったり水墨画風だったり、モノクロ、ピカソのゲルニカ風など、ありとあらゆる方法で目を引き付ける。

主人公も、なぞに言葉と言葉の間に間を持たせ、流れるBGMは不思議な曲だなーと思っていたら、ふいに無音になる。

子供だとつまらないと思うかもしれない、大人だからこそ引き込まれる、不思議な魔力を持った作品です。

 

モノノ怪+怪~ayakashi~化猫BOX [Blu-ray]

 

さてさて、いかがだったでしょうか。

 

私の独断と偏見にまみれた「三大、大人でも楽しめる、大人だからこそ楽しめるアニメ作品」

 

当社では、懐かしのアニメから、最新のアニメまで…、アニメのDVDboxや、Blu-rayboxを多数高価買取中です!

 

 

【 BUY王(バイキング)】へはコチラ

【お客様ご自身で即時査定金額をチェック!】スピード査定

 

当社Twitter、Facebookアカウントのフォローもお願いします。

Twitter:@BUY_KING

Buy王Facebook アカウント

1 / 11