ブログ

高価買取商品「スーパードンキーコング3 : 謎のクレミス島 ― オリジナル・サウンドトラック」

2016.8.1
高価買取商品

こんにちは。

査定担当の東亜です。

 

最近、全然ライブに行けてなくて

iPhoneに入ってる曲しか聴けてない日々を送っています。

 

ちなみに、最近ハマっているバンドは「アマンジャク。」と「ラヴェーゼ」です。

ともに新盤ですのでご存知ない方が多いかと思いますが

気になった方はぜひともお聴きください。

 

 

さて、今回も

高価買取商品のご紹介を致します。

 

今回、ご紹介の高価買取商品は

スーパードンキーコング3: 謎のクレミス島 ― オリジナル・サウンドトラック」になります。

写真1

2016年9月現在の買取価格⇒6610円

(今現在の価格を知りたい方は文末「スピード査定」のご案内をどうぞ!)

 

 

ゲームをプレイされない方でもご存知であろう

ドンキーコングサウンドトラックCDですね。

 

えっ?っと思われる方もいらっしゃるかと思いますが

ゲームサントラ廃盤になってプレミアが付くものが多々存在します。

 

このスーパードンキーコングシリーズのCDも1から3までそれぞれ1万円も超す高値で取引されており

なかなか手がでない価格なので欲しいのに手が出ない方もきっと多いはずです。

 

 

ゲームサントラをお持ちの方は

是非ともバイ王に査定依頼をお待ちしています。

 

自分が思った以上の高値が付くかもしれませんよ!

 

 

例を少しあげますと

スーパーマリオRPG」のサントラも有名ですね。

 写真2

2016年9月現在の買取価格⇒3998円

(今現在の価格を知りたい方は文末「スピード査定」のご案内をどうぞ!)

 

 

こちらの高額理由は

個人的な予想ですがスクウェア(現スクウェア・エニックス)と任天堂

コラボレーションしたゲームだったからだと思います。

 

 

ライバル会社同士がまさかコラボレーションして

ゲームを発売するなんて想像できませんからね(笑)

 

 

裏ボスのクリスタラーなんて

マリオの世界観には明らかに場違いなキャラデザで

FFらしい印象を受けますよね?

 

 

さて、なぜこのスーパードンキーコングシリーズのCDが高いのかといいますと

まず最初に単純に音楽が良いというのも理由の1つです。

スーパーファミコンを当時プレイしていない世代が今聴いても

色褪せない名曲揃いと自信を持ってご紹介できます。

 

今でこそ電子音が入った音楽だったり、様々な楽器の音を取り入れた音楽など存在しますが

スーパーファミコンのこの時代に打楽器的でジャングルのような雰囲気の効果音に加えて、このゲームのさまざまなエリアや環境を反映した多彩なスタイルの音楽を

表現したのは革命的じゃないでしょうか?

 

 

このスーパードンキーコングシリーズの作曲者David Wiseに影響を受けたバンドマンは

多々いるようです。

少し前にツイッターで流行っていた自身の好きな9枚のCDを紹介するツイートの記事で

いろんな方がこのDavid Wiseのサントラを載せているのを目にして衝撃を受けたのを覚えています。

 

 

Annabyss Coastの泰やVeritas en voidの有聖なども

ツイートしていたような気がします。

 

失礼…

 

私は九州出身なので

九州のV系バンドの名を言ってしまいました。

 

 

 

おさらいしますと

 

・ゲームサントラは高値になっているものが多々ある

・その中でもドンキーコングシリーズはかなり高額

・ドンキーコングシリーズの音楽は名曲

 

って、事を語りたかったんだなとお考え戴いたら幸いです。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

【 BUY王(バイキング)】へはコチラ

【お客様ご自身で即時査定金額をチェック!】スピード査定

 

当社Twitter、Facebookアカウントのフォローもお願いします。

Twitter:@BUY_KING

Buy王Facebook アカウント

 

1 / 11