Amazonギフト券の現金化はバレると危険?リスクや対処方法を解説

Amazonギフト券現金化がバレるとどうなる

Amazonのサイトでの買い物などに使えるAmazonギフト券。

便利で入手機会も増えていますが、中には自分では使わない人もおり、そのような人は現金化サイトなどを使って現金に換えることも珍しくありません。

実は、Amazonギフト券を買い取ってもらう行為はAmazonやクレジットカード会社の利用規約で禁止されています。

もしAmazonやカード会社に買い取ってもらったことがバレると、さまざまなペナルティが課される恐れがあります。

ナイトくん

ここではAmazonギフト券の現金化をバレずにするために知っておくべき次の情報を紹介しますね。

目次

Amazonギフト券の現金化がバレると規約違反になる?

Amazonギフト券現金化がバレるとAmazonやカード会社の規約違反になる?

結論から言うと、Amazonギフト券の換金は法律では禁止されていません。

あくまでAmazon公式やカード会社の規約に違反してしまうだけなので、逮捕されるようなことはないので安心してください!

ナイトくん

まずは、実際にAmazon公式やカード会社の利用規約を見ながら確認していきましょう。

Amazon公式の規約上の観点

Amazon公式の利用規約では、Amazonギフト券を換金する行為を禁止しています。現金化サイトなどを使って現金に変える行為はこの規約に違反します。

法律で要求されている範囲を除き、ギフトカードに金額を補充すること、ギフトカードを再販売その他対価をもって譲渡すること、ギフトカードを未承認の商用目的(例えば、再販売または在庫調達)で使用すること、換金することまたは他のアカウントで使用すること、その他Amazonギフトカードに関する制限および禁止行為において禁止されている方法により使用することはできません。アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフトカードの未使用残高は譲渡できません。

Amazonギフトカード利用規約

規約からもわかるように、Amazonギフト券はAmazonの公式サイトで使うことを目的としており、現金に換金するためのものではありません。

ナイトくん

どのような理由であっても換金すると規約違反となり、バレるとペナルティ(アカウントの凍結など)が課されてしまうので注意してください。

カード会社の規約上の観点

クレジットカードは商品の購入や支払いに使うためのものです。

そのため、カード会社の利用規約ではクレジットカードで購入したものを買取サイトなどで現金に換える行為(現金化)を禁止しています。

会員は、現金を取得することを目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠、ショッピング残高枠(第19 条第 2 項に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。なお、ショッピング枠現金化には以下の方式等がありますが、現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります。
(1) 商品・権利の購入、役務の提供の対価として、合理的な金額以上の対価を、カードを利用して支払い、加盟店等から現金または現金に類似するものの交付を受ける方式
(2) 商品・権利等を購入し、その対価を、カードを利用して支払ったうえで、当該商品・権利等を当該商品・権利等を購入した加盟店その他の第三者に有償で譲渡する方式
(3) 現行紙幣もしくは貨幣、またはこれらが含まれる商品等をカードを利用して購入する方式

JCBカード会員規約

実際、カード会社では現金化目的でのカードの使用が多いことから、カードの利用履歴などを厳重に監視しています。

ナイトくん

Amazonギフト券を使ったカードの現金化がバレたという人も少なくないので注意してください。

Amazonギフト券の現金化がバレたときのペナルティ

バレるとどうなるの?Amazonギフト券現金化がバレたときのペナルティ

Amazonギフト券の現金化による換金はAmazon公式やカード会社の規約違反となる行為です。

現金化目的で購入したことがバレると、次のペナルティが課される恐れがあります。

ナイトくん

リスクもあるのでよく考えた上で現金化を依頼しよう!

アカウントの凍結

Amazon公式に現金化がバレると、規約違反としてアカウントが凍結されます。

もしアカウントが凍結されてしまうと、Amazonでの買い物はもちろん、他のサービスも使用できなくなります。

  • 商品の購入・注文のキャンセル
  • ギフト券残高が使えなくなる
  • Amazonが提供するサービスが使えなくなる
    ※Amazonプライムビデオなど

一度アカウントを凍結されると解消される可能性は低く、またギフト券残高が返金されることもありません。

ナイトくん

買い物などが不便になるのに加えて、お金も無駄になる恐れがあるので注意してください。

新規アカウントが作れなくなる

Amazonでは1度アカウントを凍結されてしまうと、再度アカウントを作るのが難しくなります。

凍結されたアカウントと新しいアカウントが同一人物のものだと判断されると、新しいアカウントも垢BANされてしまいます。

同一人物のアカウントかは住所や電話番号などの情報から判断されるため、新しいアカウントを作るには引っ越しや電話番号の変更を余儀なくされます。

ナイトくん

新規アカウントの発行は手間やコストがかかることになります。

クレジットカードの利用停止

クレジットカードで購入したAmazonギフト券を現金化すると、カード会社の規約違反となり利用停止になります。

また、カードが使えなくなるだけではなく、未払いある場合は残高を一括で請求されます。

一度、カードが停止されると現金化をしていないと証明できるまでは、カードを再び使うことはできません。

一度に大量のAmazonギフト券を購入したり、毎月一定額のギフト券の購入などでバレるケースがあります。

結果、クレジットカードが使えなくなりそれ以降の買い物が不便になる可能性もあるので注意してください。

ブラックリスト入りしてしまう

クレジットカードのショッピング枠で購入したAmazonギフト券を現金化したことがバレると、信用情報に記録されブラックリスト入りします。

そのため、クレジットカードが使えなくなるだけでなく、新しくクレジットカードを発行するときに審査に通らなく(通りづらく)なります。

一度、ブラックリスト入りしてしまうと、解除されるまでに5年~10年かかります。

また、住宅ローンなどの利用時も信用情報に傷がある場合は審査が難しくなり、生活にも大きな影響が出る恐れがあるので注意してください。

Amazonギフト券の現金化がバレる原因

なんでバレるの?Amazonギフト券現金化がバレる5つの原因

大丈夫だと思ってAmazonギフト券を買い取ってもらったらカード会社から連絡が来ちゃった・・・

実はバレてしまう方にはいくつかの共通する原因があります!

原因を知っておけば現金化がバレるのを防げるケースも多いので、必ず確認した上で行うようにしてください。

頻繁にAmazonギフト券を購入している

頻繁にクレジットカードでAmazonギフト券を購入し、それを買取サイトなどで現金化している場合、購入頻度が原因でバレる可能性があります。

Amazon公式ではAmazonギフト券で支払いができますが、クレジットカード払いを利用している人が多いです。

プレゼント目的などで購入する人もいますが、それでも高頻度で購入することはありません。

そのためAmazonギフト券を頻繁に購入しているとAmazonやカード会社に「現金化目的で何度も購入しているのでは?」と疑われてしまいます。

ナイトくん

Amazonギフト券を現金化するときは、クレジットカードでの連続購入を控え、間隔を空けて利用することをおすすめします。

高額なAmazonギフト券を購入した

Amazonギフト券のEメールタイプは、1枚の上限額が50万円となっています。50万円のギフト券を15枚まで一括購入することができるため、最大750万円が上限となります。

急に高額なAmazonギフト券を購入することは、現金化バレの原因になる可能性があります。

Amazonギフト券はAmazon公式での支払いやプレゼント目的で購入するのが一般的で、通常の人は50万円分もの買い物をすることは少ないでしょう。

そのため高額なギフト券を購入すると、現金化目的だと疑われてしまうのです。

ナイトくん

特にamazonギフト券を購入したことがない人が、突然数十万円のギフト券を購入すると、疑われやすいので注意してください。

クレジットカードの支払いを滞納した

クレジットカードでAmazonギフト券を購入した場合、カードの支払いを滞納してしまうとそれが原因で現金化目的だとバレる可能性があります。

クレジットカードの支払いを滞納した場合、カード会社はその人の利用履歴をチェックします。

そこで高額もしくは頻繁なAmazonギフト券の購入が確認できると、お金に困って現金化しているのではないかと疑われてしまうのです。

ナイトくん

支払いが大幅に遅れたり、頻繁に滞納している場合は疑われるリスクが高くなります。

悪質な買取業者を利用してしまった

ギフト券の買取業者はたくさんありますが、中には悪質なサイトもあります。

悪質なサイトの場合、トラブルに巻き込まれたり、買い取ったAmazonギフト券の取り扱いが不適切などの理由から現金化がバレる可能性があります。

また現金化がバレるだけでなく、次のようなトラブルに発展するリスクもあるので注意が必要です。

  • ギフト券をだまし取られる
  • 不当な現金化率が適用される
  • 個人情報を悪用される
ナイトくん

近年は現金化サイトが増える一方で悪質な業者も増加しているので、業者選びには気をつけましょう。

悪質な現金化サイトの特徴
    • 現金化率が他のサイトよりあきらかに高い
    • 利用規約や個人情報保護方針がわからない
    • 本人確認が行われない
    • 会社概要や住所が書かれていない
    • 手数料が確認できない

また口コミなどからも悪質かどうかの情報を確認できることが多いので、そちらも確認した上でサイトを選ぶのがおすすめです。

Amazonギフト券の現金化がバレるリスクを下げるコツ

自分で対策をしよう!Amazonギフト券現金化がバレるリスクを下げるコツ

Amazonギフト券の現金化がバレるとさまざまなペナルティが課されるので、バレないように対策をすることが大切です!

ナイトくん

バレるリスクを下げるために、次の対策をして現金化をしてもらおう!

間隔を開けてAmazonギフト券を購入する

Amazonギフト券は、支払いやプレゼント目的で購入するのが一般的で、頻繁に購入するものではありません。

あまり頻繁に購入すると、現金化が目的ではないかと疑われるため、間隔をあけて購入することをおすすめします。

月1~2回程度の購入であれば、違和感はなく換金を疑われる可能性は低いです。

逆に月に何回もAmazonギフト券を購入すると、現金化を疑われる可能性が高いので注意してください。

高額なAmazonギフト券の購入は避ける

Amazonギフト券のEメールタイプであれば、1枚で最大50万円まで購入できますが、あまり高額なギフト券を購入するとバレる可能性があります。

自分で使う人もプレゼント目的で購入する人も、多くても数万円程度しか購入しないのが一般的。

高額なギフト券の購入はAmazon公式やカード会社に現金化目的だと疑われやすくなります。バレるリスクを下げるためには高額なギフト券の購入を避けることも大切です。

1回、1~5万円程度であれば疑われる可能性が低いため、ある程度の金額に抑えるのがコツです。

安全性の高い現金化業者を利用する

Amazonギフト券の現金化をバレないようにするには、安全な現金化業者を選ぶことも大切です。

優良な現金化サイトではAmazon公式やカード会社に疑われにくい換金方法を確立しており、バレるリスクを下げた買取が可能。

悪質なサイトは安全対策を一切行っておらず、サイト側の手続きのせいでバレてしまうこともありえます。

現金化サイトを選ぶときには買取率を重視してしまいがちですが、優良なサイトを選ぶかどうかで現金化バレのリスクは段違いです。

クレジットカードの支払いを期日通りに行う

Amazonギフト券の現金化がバレないためには、クレジットカードの支払いを期日通りに行うことも大切です。

クレジットカードの支払期日に遅れると、カードが使えなくなるのに加えてカードの利用履歴も厳しくチェックされます。

そこでAmazonギフト券の購入履歴があると、お金に困っていて現金化したのではないかと疑われる可能性が高いです。

現金化目的で購入する場合であっても、支払える金額分だけを購入するようにしてください。

たまに購入したAmazonギフト券を使う

Amazonギフト券は本来、Amazon公式での支払いに使うためのものです。

そのため、Amazonギフト券を頻繁に購入しているのに使った形跡がない場合、現金化目的での購入を疑われることがあります。

プレゼント目的での購入もあるので頻度が少なければ疑われるリスクは低いですが、プレゼントも頻繁に送るわけではないため、頻度が多いと疑われるリスクは高いです。

買い物目的で購入したと認識してもらえるように、Amazonギフト券をときどきでいいので買い物などに使うようにしましょう。

Amazonギフト券の現金化が疑われたときの対処方法

Amazonギフト券現金化がバレそうなときの対処法

Amazonギフト券を現金化する場合、どれだけ気を付けていてもカード会社やAmazonに換金を疑われてしまう可能性はあります。

疑われている段階であれば、きちんと対応することでペナルティを回避できる可能性があります。

ナイトくん

カード会社やAmazon公式に換金を疑われたら、次のことに気を付けて対応しましょう!

カード会社からの電話には必ず出る

カード会社に現金化目的での購入を疑われた場合でも、すぐにカードが使えなくなるわけではありません。

まずはカードの名義人に電話連絡をして、そこでカードの使用目的などの確認を行い、その結果をもとにペナルティを課すかを判断しています。

もしカード会社からの電話を無視してしまうと、カード会社側は「この利用者は後ろめたいことがあって無視している」と判断し、カード停止の判断をします。

そのため現金化したからと電話を無視するのではなく、必ず電話には対応するようにしてください。

現金化したことを認めない

カード会社からAmazonギフト券の現金化を疑われた場合は、疑っている段階で確証はないケースが多いです。

そのためカード会社からの連絡で現金化したことを認めなければ、カードが使えなくなることはありません。

実際、Amazonギフト券は自分で使うだけでなくプレゼント目的で購入されることも多いため、購入者が現金化を認めなければカード会社はそれ以上の措置を取れなくなります。

カード会社から連絡が来たときはギフト券の購入日時や目的、購入金額などの情報を正確に伝えられると、より疑われにくくなるので、事前に準備しておきましょう。

一度疑われたらしばらく換金を控える

もしAmazon公式やカード会社からAmazonギフト券の現金化を疑われたら、しばらくは購入をしないことも大切です。

カード会社などからの連絡にきちんと対応できれば、その時点ではカードが使えなくなることはありませんが、しばらくはマークされます。

その間はより厳しくカードやAmazonの使用履歴をチェックされ、少しでも怪しい買い物があるとまたすぐに換金を疑われることになります。

結果バレるリスクがより高くなるため、一度でも換金を疑われたら数か月~半年ほどはAmazonギフト券の購入や現金化をしないでおきましょう。

Amazonギフト券の現金化バレは対策可能!

Amazonギフト券現金化バレは対策できる!正しい知識で安全に買い取ってもらおう

今回はAmazonギフト券の現金化がバレたときのペナルティおよび対処法をまとめてきました。

Amazonギフト券は買い取ってもらえば現金に換えられるため、使わない場合は現金化サイトを利用する人も多いです。

しかし現金化はAmazonやカード会社の規約違反になる行為なので、何も考えずに現金化を依頼するとAmazonやクレジットカードが使えなくなるリスクもあります。

Amazonギフト券の購入時や現金化を依頼するときにちょっとしたことに気をつければ、そのような自体は避けることが可能です。

また現金化を疑われたとしても、正しく対応できればペナルティを課されない可能性もあります。

今回紹介した情報を頭に入れた上でAmazonギフト券を購入し、買い取ってもらいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次