column
Karin
ライター: Karin

ダウンジャケットといえば!「モンクレール(MONCLER)」とは

2022.4.9

 

 

 

 

モンクレール(MONCLER)

 

 

 

ダウンジャケットの名ブランドといえば「モンクレール」。

高級ダウンジャケットの代名詞ともいえるブランドです。

誰もが欲しくなる質の高いダウンジャケットを展開しています。

 

 

今回は、そんなモンクレールの特徴や魅力、歴史、人気アイテムについてご紹介します。

 

 

 

 

モンクレール(MONCLER)とは

 

 

 

 

モンクレール(MONCLER)は、

ダウンジャケットなどを販売しているフランス発祥のファッションブランドです。
現在は、イタリア・ミラノに本社を置くMoncler S.p.Aが運営をおこなっています。

 

レディース、メンズ以外にキッズ服も取り扱っています。

 

 

ダウンジャケットメーカーとして1952年に創業。

 

 

フランスのグルノーブル郊外の

「モネスティエ・ドゥ・クレルモン (Monestier-de-Clermont) 」で創業されたのが始まりです。
この頭文字を取ってモンクレールと名付けられました。

 

 

このブランドは、アルピニストの願いを叶えるための研究を続けており、

1954年イタリア・カラコラム登頂隊、

1955年フランス・マカル登頂隊、

1964年アメリカ・アラスカ遠征隊などの装備に採用された経緯を持っています。

 

 

2013年12月、株式上場企業に。

2020年12月にはイタリアのスポーツ衣料ブランド「ストーンアイランド」の買収を発表。

 

 

モンクレールのダウンジャケットの質の良さはピカイチで、

なんとAFNOR(フランス規格協会)から最高品質の証として

「4Flcorons(キャトル・フロコン)」が与えられているほどです。

 

 

グースの産毛を使用しており、各部位ごとにあわせて1g単位で決められます。
またベテラン職人によって生産されるため、一つ一つ丁寧につくられています。

 

 

一つの制作を丁寧におこなうため、大量生産ができない製品です。その分、価値が高い商品となっています。

 

 

また、品質・機能性だけでなく、ダウンジャケットでありながらも

身体のラインが綺麗に見えるデザインを採用している点も人気の所以です。

 

 

最近では、ジャケット以外のTシャツ、

キャップなどのアパレル商品も少しずつ展開を始めています。

 

 

新作アイテムも発売されていますので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

モンクレールの歴史

 

 

 

 

ここでは、モンクレールの歴史についてご紹介します。

 

 

 

 

もともとは登山用具ブランドとして誕生した

 

 

 

モンクレール  歴史

 

 

 

 

モンクレールのブランドの始まりは、登山用具のブランドとしてスタートしました。

 

 

今から70年程前のこと。

1952年にレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンの2人が、

フランスの都市グルノーブル郊外の「モネステ・ド・クレァモン(Monestier de Clermont)」にて創業。

 

 

ブランド名のMONCLER(モンクレール)は、

創業地の「モネステ・ド・クレァモン(Monestier de Clermont)」の頭文字

「Mon」と「Cler」を組み合わせた造語です。

 

 

創業当初は、登山家のためのテント、シュラフ(寝袋)などの登山用装備のほか、登山用の衣類を手がけていました。

 

 

 

しかし地元グルノーブル出身の著名な登山家リオネル・テレイとの出会いがきっかけで、

モンクレールはリオネル・テレイをアドバイザーに迎えて

登山家の為の機能性にこだわった防寒着の開発に着手したのです。

 

 

登山をする際に、軽くて動きやすい、

そして防寒性に優れた機能を併せ持つ防寒着の開発を長きにわたっておこないます。

 

 

この防寒着の開発については、

当時スタッフが工場で使用していたシュラフ(寝袋)がヒントになったそうです。

それによって、現在のモンクレールの代名詞であるダウンジャケットが完成しました。

 

 

世界中の登山家から愛される一流ブランドへと成長を遂げたのです。

 

 

 

 

グルノーブル冬季オリンピックのフランス代表チームの公式ウェアに!

 

 

 

数々のメディアにも登場し、年々知名度をあげていった結果、

1968年のグルノーブル冬季オリンピックにおいて

フランスのスキーチームの公式メーカーとなりました。

 

 

このオリンピックの公式メーカーになったことがきっかけで、

フランスの国鳥である「オンドリ」がモンクレールのシンボルマークとなり、

その後商標として使用されるようになったのです。

 

 

配色は「赤・青・白」のトリコロールカラーとなっていて、

一目でフランスのブランドだということが分かるロゴになっています。

 

 

 

ラグジュアリーファッションブランドへ進化を遂げる

 

 

 

 

1980年代になると、アウトドアショップやスポーツショップ以外に、

世界中のファッションセレクトショップでも商品が展開されるようになっていきます。

 

 

モンクレールのダウンジャケットは、

特にイタリアで人気が高い傾向にあり、

後にフランスにあった本社をイタリアへと移転させました。

 

 

ダウンウェアに関しては進化を遂げており、

素材については汚れが付きづらいテフロン加工が施されたシャイニーナイロンを製品に採用し、

この素材はモンクレールの代表モデル「MAYA」にも使用されています。

 

 

またダウンジャケット特有の着膨れ防止のため、

見た目のシルエットにもとことんこだわりを持ち、保温効果などの性能は落とさず、

身体に沿ったタイトで美しさのあるシルエットになるようデザインになっています。

 

 

 

上記のようなこだわりもあり、

「ダウンジャケットといえばモンクレール」というほど、高い人気を獲得し、

ラグジュアリーファッションブランドとしての地位を確立していきました。

 

 

 

モンクレールが日本で大ブレイク!そのきっかけは?

 

 

 

 

モンクレールのダウンジャケットは、

あまりの人気の高さから予約しないと購入できなかったり、

オークションで倍近い価格で取引されるなどしており、日本でも大ブレイクを果たしました。

 

 

 

2005年に、俳優の木村拓哉さんがモンクレールのCMに出演。

エベレスト(EVEREST)を着用したことがブレイクのきっかけになったと言われています。

 

 

 

モンクレール 木村拓哉 ダウンジャケット

 

 

 

当時のダウンジャケットには珍しい高い保温性、

そして着膨れしないタイトなシルエット、

洗練された高級感のあるデザインで、多くの人を虜にしました。

 

 

また、この頃からビジネススーツ×ダウンジャケットというスタイルが浸透していきます。

 

 

この人気ぶりに合わせて各地のセレクトショップでの取り扱いが急増。

モンクレールの直営店も設立されるほど、日本でも大人気のブランドへと成長していったのです。

 

 

 

 

代名詞「ダウンジャケット」の魅力

 

 

 

 

ここでは、モンクレールのダウンジャケットが持つ魅力についてご紹介します。

 

 

 

 

フランス規格協会認定の高級羽毛を使用

 

 

 

 

モンクレールのダウンジャケットには高級なホワイトグースの産毛が使用されています。

フランス規格協会ANFORからキャトル・フロコン(4Flocons)に認定。

 

 

このキャトル・フロコン(4Flocons)には、

空気の包含力・断熱力には相当厳しい認定基準があり、それをクリアする必要があるのですが、

モンクレールはその基準にあっさりと合格しています。

 

 

専用の扇風機で一定量の空気を送り、

遠くに飛んだ羽毛のみを採用することで上記基準をクリアしているのだそうです。

 

 

一羽のグースからほんのわずかしか採取できない羽毛を採用しており、

生産量が限定される点も、価値ある製品という証拠ですよね。

 

 

 

 

シャイニーナイロンを採用

 

 

 

 

モンクレールのダウンジャケットを象徴するディテールのひとつ「シャイニーナイロン」があります。
この素材は、光沢のある生地感になっています。

見た目がラグジュアリーで、尚且つドレッシーな印象を与えます。

 

 

見た目が素敵なうえに、汚れを防ぐテフロン加工が施されているのも魅力の一つです。

 

 

 

 

タイトなシルエット

 

 

 

ダウンそれぞれの部位に使用する羽毛の量がグラム単位で厳密に決められているところも、

モンクレールの強いこだわりを感じます。

 

 

一着ずつ職人によって丁寧に製造されており、

美しいシルエットを計算した上で緻密にダウンの分量調整がされています。

 

 

身体に沿ったタイトなシルエットとなり、着る人が美しいスタイルになるよう計算されているのです。

 

 

また、袖にはラグラン線の切り替えが入っており、

さらには肩のラインをしっかりと出して、

さらにそこへ保温性能を高めるための工夫がされているという、

まさに至れり尽くせりなダウンジャケットです。

 

 

 

 

人気のアイテム

 

 

 

 

モンクレールの人気アイテムを厳選してご紹介!

 

 

 

 

MONTGENEVRE

 

 

 

MONTGENEVRE モンジュネーブル

 

 

 

 

モンクレールの代表作であるMAYAの基本形を継承した「MONTGENEVRE(モンジュネーブル)」です。

 

 

撥水性が高い素材を使用している点。

そしてウール素材の生地が大人な雰囲気を醸し出します。

 

 

MONTGENEVREは、スーツにも相性抜群。

それでいてカジュアルな着こなしにもぴったりですので、着用シーンを選びません。

 

 

 

 

HERMINE(エルミンヌ)

 

 

 

HERMINE エルミンヌ

 

 

 

 

定番&人気モデルといえばHERMINEです。

グログランテープで縦のラインが強調されている品のあるデザイン。

 

 

中にある紐でサイズ調整できるウエスト部分、

取り外し可能なフード等など、機能性にも優れたダウンとなっています。

 

 

 

 

MONTREUIL

 

 

 

MONTREUIL

 

 

 

 

2021年秋冬の人気モデルといえば、ダウンベストのMONTREUILです。

 

 

秋~春先など、ちょっと肌寒いかな?というときに活用できるダウンベスト。

MONTREUILはロングシーズン愛用できるベストですので、多くの人に愛用されています。
プライベートからビジネス、スポーツまで幅広いシーンで着用できるでしょう。

 

 

レタリングロゴを大きめのフードにデザインしているのも洗練されたおしゃれなポイントです。

 

 

 

 

どこで購入できるのか

 

 

 

 

モンクレールのダウンジャケットやダウンベストなどは、

モンクレール公式通販ショップ、アウトレット店、オークション、古着店、

そのほかオンラインショップで購入可能です。

 

 

一番おすすめなのは、やはり公式サイトですが、

正規の値段ではなかなか手が届かないという方もいると思います。
そんな場合は、アウトレット店や古着店などで探してみるのも一案ですよ。

 

 

 

 

買取実施中!売るときはBUY王へ

 

 

 

 

あなたのお家に要らなくなったモンクレール(MONCLER)のアイテムはありませんか?

もし不要になったモンクレール(MONCLER)のアイテムが家にあるという場合は、

ぜひBUY王に売ることをご検討ください。

 

 

モンクレール(MONCLER)のアイテムは、美品であればあるほど高額になる可能性が高いです。

 

 

数が多いと店舗まで査定に持って行くのは億劫だったりします。

また今のご時世、外出は気が引けるということも多いと思います。

 

 

そんなときにぜひ活用してもらいたいのが宅配型のBUY王です。

査定方法は至ってシンプル。

利用するのが初めてという場合でも簡単に査定をおこなえますのでご安心ください。

 

 

まずBUY王のサイトから査定申し込み後、

売りたい商品を段ボール箱に詰め、

梱包して→宅配会社へ集荷依頼→終了です。

 

 

自宅にいながら査定完了できます。

 

 

この機会に使わなくなったMONCLER(モンクレール)のアイテムをBUY王へ査定に出してみてはいかがでしょうか?

 

 

まずはBUY王の買取実施情報をご覧ください。

どれくらいの値段で売れるのかなど相場が一目で分かるようになっています。

ぜひご活用ください。

 

 

 

 

宅配買取で
自宅の不用品を整理しませんか?

BUY王の買取が初めての方限定!買取価格が最大10,000円UP!!

特典、条件
BUY王では
5つの金額UPキャンペーンを実施中!