crown 電子書籍リーダー デジタル家電 高価買取

デジタル家電買取 業界トップクラスの取扱い品目数 白物家電は出張買取対応可能

主な電子書籍リーダー デジタル家電の買取相場価格リスト

電子書籍リーダー以外の様々なお品も宅配買取しております!買取価格は下記からご覧ください。

※商品の個別詳細はリンク先にございます。
※買取価格は日々変動しているため、表示は買取上限価格となっており、この価格での買取を保証するものではございません。

電子書籍リーダー デジタル家電関連商品

電子書籍リーダーをお持ちでしたら、是非お送りください。買取価格は商品の市場価値や在庫状況に合わせて日々変動しますので、お早めにお送りいただくことをお勧めします。

査定無料・通常買取はキャンセルOK!買取依頼はこちらから
かんたん・スピード査定!買取の流れはこちら

漫画全巻の買取価格やDVD等は、1巻から最新巻まで全巻揃った状態でお送りいただくことで、買取価格がより高くなります。
その他、書籍やデジタル家電、オーディオなど、様々なジャンルを取り扱っております。


買取を検討しているけど現時点での買取価格が気になるといった方は、スピード査定もございます。
また、こちらの一覧以外に高価買取対象の商品もございますので、是非ご参考にしてください。

主なデジタル家電の宅配買取リスト



campaign

BUY王お試しキャンペーン初めての方限定1000円アップ

特典、応募条件、応募方法
ご注意

※他のキャンペーンと重複があった場合、お支払金額の高い方のみを適用いたします。
※商品点数に含まれるのは買取可能な商品に限ります。
※1円買取の品は商品点数対象外となります。

なんでもまとめ売りキャンペーン

対象は全てのジャンル 商品点数毎にプラスアルファの金額
対象商品

査定額300円以上の全ジャンルが対象です。


※買取額保障商品は当キャンペーンの対象外となります。
※同一商品は1点としてカウントいたします。
※他のキャンペーンと重複があった場合、お支払金額の高い方のみを適用いたします。


例:査定額300円以上のDVD15点・フィギュア8点・デジタル家電3点・ホビー4点 の合計30点
→【査定金額60,000円+キャンペーン金額6,000円】



電子書籍リーダーを高く売るコツ

新作はなるべく早く売る
【高く売るコツ】新作・人気作はなるべく早くお売りください。
当社では新作・人気作を高価で買取しております。でも、買取相場は常に変動しており、新作・人気作は鮮度が命!遊び終わったり、観終って使わないと思ったら、すぐにお売りください。
コツ1
商品はキレイにしてから売る
【高く売るコツ】商品はキレイにしてからお売りください。
商品の状態によっては、減額の対象となる場合がございます。汚れ・イタミ・匂い等は掃除してお送りいただくことで、減額の回避に繋がります!
コツ2
付属品を忘れずに
【高く売るコツ】付属品がある商品は忘れずにお売りください。
付属品が欠品している場合、減額の対象となります。付属品をしっかりとご確認の上、忘れずに同梱してお送りください!
コツ3
まとめて売るとお得になるかも
【高く売るコツ】当社買取対象商品はまとめてお売りください。
当社では、全国どこでも送料完全無料となります。また、まとめてお売りいただくことでお得になるキャンペーンもご用意しております!まとめてお売りいただくことで査定金額UP
コツ4
マンガでわかるBUY王かんたん楽チン買取
※買取額保証は本のみ適用となります。

サービス内容比較表

サービス内容比較表
まとめ売りで査定額+α

お客様の声

買取点数32点 72,845円のお買取り
お客様の声
すぐに現金化できて助かりました!
(滋賀県 20代 男性 学生)
買取点数53点 72,947円のお買取り
お客様の声
ダンボールに積めて送るだけだったので、時間のない私でもカンタンでした。
(京都府 20代 女性 会社員)
買取点数39点 22,395円のお買取り
お客様の声
事前に概算の査定額を調べられたので、不安なく取引できました。
(東京都 30代 女性 主婦)
買取点数61点 56,937円のお買取り
お客様の声
商品一つ一つの明細が送られてきたので、安心して売却できます。
(神奈川県 40代 男性 自営業)
買取点数21点 84,298円のお買取り
お客様の声
ゲーム・DVD・マンガ・フィギュアをまとめて売ることができて楽チンでした。
(千葉県 30代 男性 会社員)
買取点数25点 27,831円のお買取り
お客様の声
初めて利用したのですが、キャンペーンで買取金額が上乗せされて良かったです。
(愛知県 20代 女性 無職)
買取点数5点 51,339円のお買取り
お客様の声
買替えのため買取をお願いしました。思った以上の金額に大満足です。
(東京都 20代 男性 学生)
買取点数35点 64,952円のお買取り
お客様の声
家族のものをまとめて売りましたが、明細が1点ずつ出るので良かったです。
(島根県 30代 女性 主婦)
買取点数24点 19,487円のお買取り
お客様の声
いろんなものを買取ってくれるのは助かる。
(大阪府 40代 男性 専門職)
買取点数2点 25,371円のお買取り
お客様の声
使わなくなった脱毛器を売りましたが、思った以上に高値で売れました。
(北海道 20代 女性 会社員)
こんな商品は買取できません。
法人様向け買取サービスはコチラ

携帯電話・iPhone(アイフォン)、スマホ、タブレット、パソコン、DVD、デジタル家電、ゲームなどの過剰在庫や倉庫に眠っている長期滞在在庫、不良在庫を一括整理する際のお手伝いをさせていただきます。事前お見積りも可能!お気軽にお声かけください!


ご利用の流れ

Webサイトからお申込み

流れ

画面右上部または最下部にある「買取依頼」ボタンより必要事項をご入力の上、お申込みください。
お申し込みは無料で、キャンセルも可能です。

ネットからお申込み

商品を梱包

流れ

段ボールにはお売りいただくものと、「身分証明書のコピー」をお入れください。
この際、商品が傷つかないように、新聞等簡単なものでいいのでクッションを入れていただけると査定額の減額の可能性がぐっと減ります。


※段ボールにつきましては、お客様ご自身で準備していただくか、当社にて段ボールをご用意しお届けいたします。

※期間限定キャンペーン:段ボールをご自身でご用意いただき、条件を満たしたお客様は査定金額に+800円付与させていただきます。(~7/31まで)
(1)段ボールを全てご自身でご用意いただく(段ボールサービス未利用)
(2)キャンペーン付与額を除いた買取金額の合計が1,000円以上かつ商品点数が20点以上の方
※商品点数に含まれるのは買取可能な商品に限ります。
※1円買取の品は商品点数対象外となります。

※段ボール無料配送サービスの上限は10箱まで。
詳細につきましては下記のURLをご参照ください。
梱包について

※ゲーム機本体は、必ずご自身で初期化、利用制限解除してからお送りください。

※衣装ケース等の段ボールや紙袋以外の大型梱包材をお送りいただいた場合、廃棄手数料として、一点につき500円を買取金額から差し引かせていただきます。

商品を梱包

集荷

流れ

ご指定の時間帯に配送業者のドライバーが送り状を持って伺いますので、梱包した商品をお渡しください。


※段ボールをお届けのお客様は、一緒にお届けする印字済伝票をお使い頂き、日本郵便・コンビニ等にて直接お出し頂くか、電話またはWebにてお客様の都合の良い日時で集荷の依頼をお願い致します。


郵便局のゆうパック着払いでの発送も可能です。
(ご利用が難しい場合は他の配送業者でも可ですが、ゆうパック以外をご利用の場合、1箱あたり500円頂戴致します)
※住所確認が必要な為、簡易書留郵便を登録住所にて受領する必要がございます。簡易書留郵便代として400円いただきます。


※全国送料無料。北海道・沖縄・離島の方を含む全国すべての方が送料無料となります。

集荷

査定・ご連絡

流れ

当社に商品到着後査定を行い、メールにて査定結果をご連絡いたします。
査定結果にご納得いただいた場合には、送付させていただいたメールから承認の旨ご連絡をお願いいたします。


※査定結果のお知らせから3日以内にご連絡いただけない場合には、承認されたものとして入金手続を行います。

※混雑時は、お時間をいただく場合がございます。

査定・ご連絡

入金

最短で商品到着後2営業日にご連絡させていただいておりますので、ご確認をお願いいたします。


※「スピード買取(承認不要でご入金)」にてお申込みのお客様は、入金をもって査定結果のご案内となります。

 また、「スピード買取」ご希望のお客様は査定金額に+500円が付与されます。(※~7/31キャンペーン)

※キャンペーン付与額を除いた買取金額の合計が1,000円以上かつ商品点数が20点以上の場合のみ適用となります。
(商品点数に含まれるのは買取可能な商品に限ります。)
(1円買取の品は商品点数対象外となります。)

※査定結果への承認(スピード買取・期限切れも同様)をいただいた以後は、状態の如何に関わらず、キャンセル・返品は一切お受けできません。ご了承ください。

※混雑時は、2~3週間お時間をいただくこともございます。予めご了承ください。

入金

「電子書籍リーダー」とは

電子書籍リーダーを高価買取! デジタル家電 高価買取1

電子書籍を代表的な電子書籍リーダー名を含んで紹介



これから紹介する電子書籍の話は、電子書籍の紙媒体のとは違う利便性。また電子書籍をいかに普及させようとしてきたか?海外と日本を含めてその事例のほんの一部を紹介したものとなります。

電子書籍閲覧用専用端末もしくはソフトウェアについて



電子書籍リーダーとは、電子書籍を利用するための専用端末。もしくは専用ソフトウェアを指します。

Eブックリーダーやデジタルブックリーダーと言う呼び方もありますし、ereaderと言う英語名もありますが、これらはマニアックな知識の部類に入ると思います。
スマホやパソコン・タブレットとは違う「読書に限定しただけ」の専門端末です。

アマゾンドットコムが先駆け



電子書籍は今までの紙とインクを使った印刷物とは違う、ディスプレイで閲覧する書籍物となりますが、アマゾンドットコムのKindleが先駆けとなり、Kindle for iPhone and iPod touchと言った風に読める端末が増え今では一般的に普及したと言えます。

電子書籍の利点と進化



電子書籍にする利点としては、今までの紙媒体かかる流通や印刷、製本のコストが紙媒体のようにまた一冊分物理的増やす必要のないコンテンツ内蔵化で、大幅に削減出来る所にあります。
それ以外でも元々は紙媒体のものもデジタルデータ化にすることで、一つの板状のもので大量の書籍が読めると言う利便性をユーザーに与えてくれています。

電子書籍で読める本はネットインフラが整っている事で殆どがダウンロード販売となり、動画や音声、ハイパーリンクや振動機能も付けられると、インタラクティブなコンテンツへと進化しています。

3Gの登場とそれ以前ので、歴史が分かれる



なお電子書籍の歴史も進化の道程があり、無線通信機能の3Gと登場とそれ以前では大きく性能に差が開いています。
Amazonの電子書籍事業の一環でもあるAmazon Kindleは、その3Gの波に乗り上手く成功したのが、先駆けになった一因かと思います。
『3G通信経由ダウンロード型』と言うのが、当時は大きな主流となっていました。
なお毎年恒例のクリスマス・セールの2009年度版では、アマゾンで一番売れたのはKindleだと言う発表があります。

日本の電子書籍の潮流



このように隆盛を見せている電子書籍でしたが、日本はまだその流行に注目はしていたものの、きちんと日の目を見る事はありませんでした。

しかし2010年7月になると、日本の電子書籍の潮流が興味のない人でもハッキリと目につくようになります。
KDDIと凸版印刷、NTTドコモと大日本印刷連合、ソニー連合が電子書籍についての企業同士の提携を発表すると、他の会社も追従を見せるなどいよいよ日本での普及が始まります。

例えばシャープは2010年9月に日本向け電子ブックリーダーとスマートフォンの機能を併せ持った、android OSのGALAPAGOSやブックリーダー(SH-07C)を発表。
ソニーはソニー・リーダーと言うのを発表しています。

他にも電子書籍専用ではないとは言え、それ用に向いたGALAXY Tabと言う、タブレット型のスマートフォンも発売されるなど、日本での電子書籍の勢いは強まるばかりです。


本を読む習慣がない層への影響



利用形態



今まで本を読む習慣がなかった人達も、スマートフォンでネットサーフィンをするようにいつでも気軽に、電子書籍を読むようになっています。
それは本の種類はもちろん関係なしに、多数の本を持ち運べる面白さからも来ていると思います。

外出先で気軽に読むにも、室内で真剣に読むのも、電子書籍は様々な利用形態に適しています。

呼称について



電子書籍一つとっても、上記のEブックリーダーやデジタルブックリーダーにereader。さらにはeBookやDigital Bookと言う言い方もあります。

正直あまり名称が統一されていない感じも受けますし、それだけ電子書籍が見れる媒体が多いと言う事だと思いますが、あまり電子書籍について詳しくないユーザーとしては、電子書籍なはこう言う言い方が呼称の一つとしてあるんだと言う受け止め方で正しいような気がします。

日本の電子書籍の歴史



日本の電子書籍の歴史は1980年代に生まれたとか、1999年に電子書籍コンソーシアムが立ち上がった所から始まったとも言われています。
そもそもパソコンで文章を読むと言う試みは、古い時代からされていたと言うのが通説であるような気がします。

取り敢えず一般的に始まりと言われている1999年を例に見ると、実際に電子書籍を販売し、携帯端末で見れるようにする「電子書籍コンソーシアム」と言うプロジェクトが立ち上がりました。

多くのメーカーなどが参加しており、日本も普及前からきちんと日の目を見なかったとは言え、決して電子書籍に対して何もしていなかったわけではないのです。

日本の電子書籍の古い象徴的な顔(専用端末)と言えば、2004年に出たパナソニックのシグマブック。同年にソニーから出たリブリエ。2006年に同じくパナソニックからでたワーズギアとなります。

○まとめ

電子書籍は外部メディア利用化と言う観点からだと、まだ弱い印象を受けます。
あまり外部メディアなどで保存容量を増やすと言うのは、苦手ではないかもしれないけど得意ではないと言う印象がありますし(一部の専用端末では外部メディアでの保存ができないなど)、やりようはまだある気がします。
ただ、少なくともすぐに廃れた技術にはならない事でしょう。


気になるあなたのお宝をスピード査定

商品のカテゴリを選択の上、タイトル・キーワード・商品コードをご入力ください。

カテゴリ

商品

  • ( - ) ハイフンは省いてください
  • 「X」はローマ字のX(エックス)を入力してください
  • バーコードが複数ある場合は、本であればISBNコードを、DVD・GAME・CDであればEANコードをお試しください
  • ※スピード査定の対象は、ゲーム・DVD・CD・本の4ジャンルです。その他のジャンルにつきましては、こちらよりお問い合わせください。

ゲーム・CD・DVD・書籍以外の事前査定はこちらからお問い合わせください!

買取価格を調べる
取扱商品

BLOG

一覧を見る

フェイスブックページ

ツイッターアカウント