送料完全無料

買取・査定一覧はこちら

かんたん4ステップ!買取の流れを確認

crown ドローン デジタル家電 高価買取

デジタル家電買取 業界トップクラスの取扱い品目数 白物家電は出張買取対応可能

主なデジタル家電の宅配買取リスト

買取・査定一覧はこちら

かんたん4ステップ!買取の流れを確認

campaign

BUY王の宅配買取は最大20万円UP全部で5つのキャンペーンを実施中!
初めての方限定 BU王お試しキャンペーン 最大10,000円UP
特典、条件
適用条件

▼初めてBUY王をご利用される方
▼買取申し込み画面のメールニュース配信可否で「可」を選択頂いた方
▼商品点数20点以上の方

条件をクリアした対象の方に自動的にキャンペーンを付与させて頂きます。

ご注意

※他のキャンペーンと重複があった場合、お支払金額の高い方のみを適用いたします。
※商品点数に含まれるのは買取可能な商品に限ります。
※買取対象外商品及び、1円買取の品は商品点数の対象外となります。
※上記買取金額は減額や送料を引いた総額となります。
※コミック・DVD等のセット、おまとめ査定商品は、冊数・点数に関わらず、1セットで1点となります。
※買取金額合計にキャンペーン金額は含まれません。

5つのキャンペーンを実施中!

その他キャンペーンはこちら 買取・査定一覧はこちら かんたん4ステップ 買取の流れを確認

主なドローン デジタル家電の買取相場価格リスト

相場価格リストはこちら

ドローン デジタル家電関連商品

金・貴金属 以外の様々なお品も宅配買取しております!買取価格は上記からご覧ください。

※商品の個別詳細はリンク先にございます。
※買取価格は日々変動しているため、表示は買取上限価格となっており、この価格での買取を保証するものではございません。

金・貴金属をお持ちでしたら、是非お送りください。買取価格は商品の市場価値や在庫状況に合わせて日々変動しますので、お早めにお送りいただくことをお勧めします。

漫画全巻の買取価格やDVD等は、1巻から最新巻まで全巻揃った状態でお送りいただくことで、買取価格がより高くなります。
その他、書籍やデジタル家電、オーディオなど、様々なジャンルを取り扱っております。

閉じる



段ボールに詰めるだけでOK 宅配買取の流れ

  • WEBからお申し込み ご自宅への集荷ご予約が無料でできます。 買取・査定一覧はこちら
  • 買取商品を梱包ご用意いただいた段ボールに商品を入れて梱包します。
    ご希望の方は、集荷段ボールをお届け!(※20個まで無料)
  • ご自宅から配送ご予約の日時に配送業者が集荷にお伺いします。
  • 査定結果がOKなら代金をお振込み査定結果はメールでお知らせ。

ドローンを高く売るコツ

新作はなるべく早く売る
【高く売るコツ】新作・人気作はなるべく早くお売りください。
当社では新作・人気作を高価で買取しております。でも、買取相場は常に変動しており、新作・人気作は鮮度が命!遊び終わったり、観終って使わないと思ったら、すぐにお売りください。
BUY王の高く売るコツ1
商品はキレイにしてから売る
【高く売るコツ】商品はキレイにしてからお売りください。
商品の状態によっては、減額の対象となる場合がございます。汚れ・イタミ・匂い等は掃除してお送りいただくことで、減額の回避に繋がります!
BUY王の高く売るコツ2
付属品を忘れずに
【高く売るコツ】付属品がある商品は忘れずにお売りください。
付属品が欠品している場合、減額の対象となります。付属品をしっかりとご確認の上、忘れずに同梱してお送りください!
BUY王の高く売るコツ3
まとめて売るとお得になるかも
【高く売るコツ】当社買取対象商品はまとめてお売りください。
当社では、全国どこでも送料無料となります。また、まとめてお売りいただくことでお得になるキャンペーンもご用意しております!まとめてお売りいただくことで査定金額UP
BUY王の高く売るコツ4
買取・査定一覧はこちら

かんたん4ステップ!買取の流れを確認

よくあるご質問

未成年なのですが、買取をお願いできますか?
未成年の方は買取申込をご利用になれません。
保護者の方に代わりに買取申込をお願いしてください。
メールを受け取れないため、登録が必要なドメインを教えてください。
メール受信設定により、当社からのメールを受け取れない方は「@buyking.club」のドメイン登録を行ってください。
法人なのですが、買取をお願いできますか?
法人様につきましては、「法人向け買取サービス」をご用意させていただいております。

詳細につきましては、以下のページをご覧ください。
■法人向け買取サービス
同一タイトルの商品を複数買い取ってもらうことはできますか?
当社では同一タイトルの複数商品は買取をお断りしております。
お送りいただいた場合、2点目以降は買取不可となることをご了承ください。
※発売日から3ヶ月以内の買取額保証は対象外となります。
以下のケースも同一タイトル複数商品としてお取扱いさせていただきます。
・規格違い:(例)Blue-ray、DVD
・ジャケット違い:(例)初回限定版A、初回限定版B、通常版また、同一タイトルが大量の場合、査定をせずに商品をそのまま、お客様着払いにて返送させていただきます。
査定の連絡はどれくらいかかりますか?
最短、商品到着後、2営業日以内にご連絡させていただいております。
また、混雑時は一ヶ月強程、ご状況によりましてもう少々お日にち頂戴する場合もございます。予めご了承ください。買取申込時に「スピード買取」をご選択いただいたお客様は、査定承認の連絡を待たずに、直接、ご指定の金融機関口座に査定額をお振込みさせていただきます。
梱包してみたら、箱数が変わりました。連絡は必要ですか?
申込み時の箱数にて運送会社に集荷を手配しております。
お手数ですがお早めに当社までご連絡ください。
買取できない商品が多い場合、査定金額から引かれますか?
買取できない商品が多い場合でも査定金額から引くことはございませんので、ご安心ください。

BUY王はここが強い

お家からかんたん!楽チン買取宅配!

  • 全国どこからでも送料無料!
  • 業界トップクラスの全100ジャンル以上をまとめて楽チン買取!豊富なジャンルを取扱い!
  • 豊富なキャンペーンをご用意!
  • 書籍は高額買取価格保証

BUY王の買取システム

  • 新しい商品はBUY王にお任せ! 安心の買取額保障!!
  • 市場価値の高さを重視! 価値のある物をしっかりと評価した買取システム!!
  • プロの鑑定士が査定!コレクター商品もしっかり査定!!
  • 集荷段ボールを無料お届け!!
  • 大量依頼の方・法人様へは出張買取でご対応可能!

高額買取例

買取点数32点 ¥72,845買取

すぐに現金化できて助かりました!(滋賀県 20代 男性 学生)

買取点数53点 ¥72,947

ダンボールに積めて送るだけだったので、時間のない私でもカンタンでした。(京都府 20代 女性 会社員)

買取点数39点 ¥22,395買取

事前に概算の査定額を調べられたので、不安なく取引できました。(東京都 30代 女性 主婦)

買取点数61点 ¥56,937買取

商品一つ一つの明細が送られてきたので、安心して売却できます。(神奈川県 40代 男性 自営業)

買取点数21点 ¥84,298買取

ゲーム・DVD・マンガ・フィギュアをまとめて売ることができて楽チンでした。(千葉県 30代 男性 会社員)

買取点数25点 ¥27,831買取

初めて利用したのですが、キャンペーンで買取金額が上乗せされて良かったです。(愛知県 20代 女性 無職)

買取点数5点 ¥51,339買取

買い替えのため買取をお願いしました。思った以上の金額に大満足です。(東京都 20代 男性 学生)

※あくまで個人の感想です。

BUY王ネット宅配買取初めての方には10,000円プレゼントキャンペーン
買取・査定一覧はこちら

送料完全無料

「ドローン」とは?

ドローンを高価買取! デジタル家電 高価買取1
「ドローン」とは?についての情報はこちら

ドローンとは?概要や人気メーカーについて解説



ドローンはマルチコプターなどとも呼ばれる無人航空機です。コンピュータ制御によって、自動での飛行が可能となっています。

国内外で様々なドローンメーカーが製品を発表していて、家庭用の玩具としても手に入るようになりました。ここでは、ドローンに関する様々な情報をご紹介します。

ドローン概要・定義・歴史


ドローンの定義は各国の法律によって定められているため、厳密に統一された定義はありません。ただし、多くの国において「構造上、人を乗せることができないもので、遠隔操作や自動操縦によって飛行できるもの」というようなものがドローンとされています。

ドローンはもともと軍用として開発、使用されていたのですが、最近では商業、ホビー用、民間用として普及しました。例えば、物を配達したり、空撮、災害救助、モニタリングをしたりなど、用途が多様化しています。

ドローンは無限の可能性を秘めた新しい無人航空機として世界中で注目を集めていて、特に災害救助の際に役立つと言われていますね。他に、ドローンでのレース大会、バトルなども行われています。

ちなみにドローンが一般人に浸透したきっかけを作ったのは、Parrot社の「Parrot AR Drone」だと言われています。スマートフォンからの簡単操作ができる小型ドローン。これが世界中で大ヒットしました。ラジコンヘリよりもさらに新しく楽しい玩具というようなものでした。

なぜ「ドローン」と呼ばれているの?


ドローンというのは基本的に、複数のプロペラがついていますよね。そのプロペラを高速で回転することによって飛びます。

その飛ぶときに大きな音がします。その音というのがミツバチに似ているから、という説があります。
「drone」という言葉を英和辞典で調べると「雄バチ」と出ます。

このミツバチ「drone」が無人飛行機のドローンの語源ではないか?ということなのですね。

2つ目の説もあります。この説は第二次世界大戦時まで遡り、当時、「ターゲット・ドローン」と呼ばれた訓練機が存在しました。

これも無人で空中飛行してそれを的にして訓練をするためでした。射撃訓練のためのドローンというのは大昔から開発され、使われていたのですね。

そしてイギリス軍の「クイーン・ビー」からきているのでは?という説があります。クイーン・ビーは女王蜂のこと。女王蜂に対抗し雄バチの意味を持っている「ドローン」と名付けたのではないかと言われているのです。どちらにしても覚えやすい、インパクトのある名前ですよね。

ドローンの人気の秘密


ドローンの人気の理由は、まず上空から撮影できるという点。これが人気の一因でしょう。

まるで自分が鳥にでもなったかのような気分で普段の目線とは異なる風景を撮影できます。
三脚や自撮り棒などを使わずとも、何十メートルも離れた高さからでも自由自在に写真が撮影できるというのも魅力です。

デジタルカメラ搭載の機種も増えていて、高い場所から写真を撮影することで、まるで映画のワンシーンのような普通では撮れない素敵な写真や動画が作成できます。

ゲームの方でもドローン人気が支えているんですよ。特にFPVレースが大人気!自分がパイロットになった気分でプレイできると定評があります。

そのほかに、ドローンのカメラをゴーグルに受送信することができるシステムを使って、スターウォーズやガンダムなどの架空の世界観を体感することもできたりもします。無線の資格や免許が必要となるのですが、レースを体験できる練習場が国内でも増えてきています。無限の可能性を秘めているドローンの登場は、まさに空の産業革命ともいえる出来事ですね。

ドローンの種類別用途


ここからは、ドローンの主な種類と種類別の用途について紹介します。

・トイドローン(ホビードローン)
トイドローンまたはホビードローンと呼ばれる種類は、家庭用の玩具として製造されるものです。産業用として使われるドローンと比較して小型で、軽量なことが特徴となっています。本体の重量は200グラム未満のものが一般的で、値段も手ごろです。

また、トイドローンは子どもも遊べるようにするため、安全性に配慮されています。プロペラ部分に指などが入らないようにするための工夫などが施されているため、小さな子どもでも安心して遊ぶことが可能です。

・空撮ドローン
空撮ドローンは、ドローンに装着したカメラを使用した空中撮影に利用されます。小型のカメラを搭載した空撮ドローンを空高くまで飛行させれば、通常では見られないような形式や高い視点からの映像を撮影することが可能です。

空撮ドローンの種類によって、ドローン本体にカメラが搭載されているものと、別途カメラを購入する必要があるものに分かれます。カメラを装着するタイプの空撮ドローンを使用する場合は、重量などに注意して機材を揃えましょう。

・産業用ドローン
産業用ドローンは、トイドローンなどの家庭用と比較して高性能なドローンです。比較的大型で、長時間安定して飛行できるタイプのドローンが産業用として使用されます。

産業用ドローンにはカメラの他、農薬などを散布するための装置や、地形を測定するためのレーザー装置などが搭載されているものも一般的です。また、地形図のデータを読み込ませることで、指定されたエリアを自動で飛行して測定を行うものもあります。

産業用ドローンは空中を飛行するため、人や車などの立ち入りが難しい急斜面や災害現場などでも使用可能です。すでに計測や研究のほか、救助活動など数多くの分野で産業用ドローンが使用されていて、今後もさらに普及することが予想されます。

・水中ドローン
水中ドローンとは、水上や水中で使用できるタイプのドローンです。通常のドローンが空中を飛行することに対して、水中ドローンでは湖や海、川などを移動できます。潜水できるタイプの水中ドローンなら、海中の色鮮やかな景色を映像に収めることが可能です。


ドローンで人気のメーカーや人気モデル



ドローンを製造するメーカーは世界中に存在しています。その中でも、特に人気の高いメーカーやそのメーカーの人気モデルについて以下にまとめました。

DJI


DJI社は、空撮用ドローンを数多く製造している有名ドローンメーカーです。産業用ドローンのシリーズから、家庭用ドローンまで幅広いモデルを発表しています。

DJI社の本社は中国にあり、従業員数は6,000人を超える大規模な会社です。ドローンと言えばDJI社というほど、ドローン業界における幅広いシェアを取っています。

Parrot


Parrot社は、フランスのドローンメーカーです。4Kなど高画質な映像を撮影できる空撮用ドローンなどを発売しています。また、トイドローンとして人気の高いMamboシリーズも、Parrot社の製品です。

RYZE Technology


中国のスタートアップ企業RYZE Technologyは、「Tello」というトイドローンのシリーズを手掛けています。Telloは大手ドローンメーカーであるDJI社製のハードウェアと、インテル社のプロセッサーが搭載されたドローンです。

Telloの特徴として、プログラミングによって誰でも簡単にドローンが制御できることがあげられます。Telloh子どもから大人まで、ドローンの楽しみが味わえる小型のドローンです。


家庭用ドローンでおすすめの型番を紹介!



ドローンの型番には色々ありますが、それらの中でもおすすめのものを紹介します。

・TEAD 6-Axis マルチコプター SYN-130C


ラジコンドローンで、販売元はヨコヤマコーポレーションです。様々な動きができ、安定性を実現するために6軸センサーを使用している点も人気の理由となっています。

プロペラガードも付いていて、色々な角度から空撮することができますよ。プラスチック製で、サイズは超小型。家の中のリビングルームなどでも気軽に楽しめます。

このドローンは、初心者におすすめですので、まずは練習してみたいという方にも良いでしょう。

・JRC RC マルチコプター


このドローンは、スマホと連動できるというものです。撮影した動画などをスマホで確認可能。また好きなタイミングで動画、写真撮影ができるようになっています。

二重制御モード搭載で、ビギナーから上級者まで楽しめるのがこのモデルです。ドローンの扱いに慣れてきた方におすすめします。

さらに、JRC RCマルチコプターは、ワンキーリターンによって飛行機の離陸位置を記憶できるという優れもの。宙返りなどもでき、LEDライト付きで夜間飛行も可能です。

・JRC ドローン H12C 4CH


360°ローリングが可能となっているタイプのドローン。4方向に3D転動ができ、6軸ジャイロによって安定した飛行が実現します。

カメラは500万画素。動画から静止画までしっかりと綺麗に撮影できます。重さは約125g、カラーはオレンジでおしゃれです。4つのLEDライト付きで夜間飛行も可能なドローンとなります。


ドローンに関する資格や法規制について



ドローンの普及に伴い、法律による規制やドローン操作に関する民間資格が増えてきました。ここからは、ドローン関連の資格や法規制に関する情報をご紹介します。

ドローンの操作や活用に関する資格


ドローンの操縦や使用には、車の運転免許のような国家資格は存在していません。しかし、産業用ドローンなど、一定の技量が求められるドローンの操作についてのスキルを証明できる民間資格はいくつか存在しています。

ドローンの資格を発行している主な団体は以下の通りです。

・DJI CAMP
DJI社の日本法人が主催するDJI CAMPは、ドローンの資格を発行する民間団体です。ドローンメーカーが主催する資格のため、受講時に使用できる機体はDJI社の物に限られるなどの制限があります。ただし、ほかの民間資格と比較して安価で取得できることが、DJI CAMPが発行する資格のメリットです。

・一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA、ディーパー)
DPAはドローンのスキルの中でも、特に飛行操縦の技術に焦点を当てた資格を発行しています。飛行実習を受けることで、ドローンオペレーションのスキルを身に付けられることが、DPAのドローン資格の特徴です。

・JUIDA
JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)は、ドローンの操縦や運行管理に関する知識が学べるドローン資格のカリキュラムを提供しています。また、ドローンの操縦について講習を行うインストラクター業務に関する知識も、JIDAの資格によって身に付けることが可能です。

航空法によってドローンの使用が禁止されているエリアがある


日本国内では航空法によって飛行ルールが設けられていて、飛行禁止エリアも存在します。

以下の条件に当てはまる場合、許可を取らずにドローンを飛行させることはできません。

・空港の周辺エリア
・150メートル以上の上空
・人口密集地区として指定されているエリア
・夜間
・目視外の飛行
・第三者からの距離が30メートル未満のエリア
・危険物を輸送する場合

このほか、国の重要な施設や各国の大使館、原子力発電所などの上空でも、ドローンの飛行は禁止です。ドローンを利用する場合は、これらのルールに抵触することのない範囲で飛行させましょう。


これまでに開催されたドローンレースや大会について



ドローンの遊び方の1つとして、ほかのドローンとの飛行速度を競い合うレースも人気です。これまで、いくつかの団体でドローンレースの大会が開催されてきました。

以下では、これまでにドローンレースを開催した主な団体についてご紹介します。

Japan Drone League


Japan Drone League(略称JDL)は、日本各地で数多くのドローンレース大会を開催してきました。JDLが主催するドローンレースは「Round」と呼ばれ、大会で好成績を収めた参加者には賞金などが授与されます。

Roundの観戦にはチケットの購入が必要で、チケットが完売することの多い人気企画です。

Drone Impact Challenge


Drone Impact Challengeでは、国家戦略プロジェクトとしてドローンレース大会を主催しています。大会の様子はテレビやネットなどで配信され、数多くの観客がドローンレースを楽しみました。

スタジアムを貸し切っての大会開催など、規模の大きなドローンレースを行っていることがDrone Impact Challengeの特徴です。

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)


JDRAでは、大規模なドローンレース大会であるJAPAN DRONE NATIONALSなどを開催しています。また、JDRAはドローンレースを主催しているだけでなく、ドローンレースに関する講座も開催するなど、多様な活動が特徴です。


様々な使い方ができるドローンは、自撮り好きな方や自然の風景を空撮したい方などに最適な製品です。操作方法などをしっかりと練習した上で使ってみましょう。きっとドローンが新たな趣味になること間違いなし、です。

閉じる

買取・査定一覧はこちら

かんたん4ステップ!買取の流れを確認