コラム
瑠璃椿
ライター: 瑠璃椿

まもなく年末!聴けば2020年が分かる!年間ヒットソング特集

2020.12.11

2020年ヒットソング

 

2020年のヒット曲といえば、どの曲を思い浮かべますか?

印象の強かったヒット曲はそれぞれ違うかもしれませんが、知っている曲以外にも、すてきな音楽を見つけられるかもしれません。

 

年末までに2020年のヒット曲を確認しておきましょう。

 

 

 

2020年音楽傾向まとめ

 

 

2020年の音楽の傾向としては、新人アーティストの活躍が目立ちました。

特にジャニーズでは2グループ同時にデビューしたことの印象が強かった人も多いかもしれません。

 

他にも実力派バンドがメジャーデビューを決めたり、デビュー曲で一気にヒットチャートに登場したりした新人アーティストもいました。

 

しかし2月以降、日本でも新型コロナウイルス感染症が流行し始めたことで、音楽業界も大きな影響を受けたといえるでしょう。

CDの発売や、コンサートが中止や延期になってしまい、アーティストの活躍を目にできない時期が続きました。

 

2020年は音楽のサブスクリプション解禁も目立ち、

今まで気軽に聞けなかったアーティストの楽曲も自由に聴けるようになりました。

 

特に、人気アーティストの嵐や米津玄師のサブスクリプション解禁をよろこんだ人は多かったのではないでしょうか。

 

 

 

デビューアーティスト

 

 

2020年のデビューアーティストについてもご紹介します。コロナ禍でも、実力派アーティストは着実に人気を集めています。

 

 

SixTONES

 

SixTONES ストーンズ

 

 

「SixTONES(ストーンズ)」は2020年1月にデビューした、ジャニーズの男性6人組アイドルグループです。

 

2020年1月22日リリースの『D.D.Imitation Rain』でCDデビューを果たし、

「Imitation Rain」がデビュー曲となりました。

 

SixTONESは2015年に結成されていて、

メンバーは髙地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の6人です。

 

髙地優吾がリーダーを務めていて、2020年現在、23歳~26歳のメンバーで構成されています。

グループ名の由来は「原石」と「6人の音域」から「音の6原色」という意味で命名されています。

 

2020年だけでも1月、7月、11月にシングルをリリースしていて、3作ともオリコンランキング第1位を記録しています。

今一番勢いのあるグループといえるでしょう。

 

また2020年12月31日の『第71回NHK紅白歌合戦』にも初出場が決まっています。

 

 

 

SnowMan

 

SnowMan スノーマン

 

 

「SnowMan(スノーマン)」は、2020年1月にデビューした、ジャーニーズの男性9人組アイドルグループです。

先述のSixTONESと同時にデビューし、同じ『D.D.Imitation Rain』の「D.D.」がデビュー曲となりました。

 

SnowManは2012年に結成されていて、

メンバーは岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介の9人です。

 

もともと6人で活動していたのですが、2019年のデビュー前になって

ラウール、向井康二、目黒蓮の加入があり、9名体制となってデビューしました。

 

2020年現在、ラウールが17歳、目黒蓮が23歳で、その他のメンバーは26~28歳のメンバーで構成されています。

 

 

SixTONESと同世代で、下積み時代が長いメンバーの多いグループなので、

その分根強いファンにとってデビューはうれしかったことでしょう。

 

 

2020年12月31日の『第71回NHK紅白歌合戦』にも初出場が決まっています。

 

 

 

櫻坂46

 

櫻坂46

 

 

「櫻坂46」は、2020年10月から活動が始まったグループで、以前「欅坂46」だったグループです。

メンバーは同じなので改名ともいえるでしょう。

 

欅坂46の初期からの絶対的なセンターである平手友梨奈が脱退し、初期のメンバーからも半分が入れ替わったため、新しい雰囲気のグループに生まれ変わっています。

 

2020年12月9日に1stシングル「Nodody’s fault」を発売予定で、デビュー曲のセンターは2期生の森田ひかるです。

また、デビュー時のメンバーは全26名です。

 

 

櫻坂46も2020年12月31日の『第71回NHK紅白歌合戦』に出場予定となっています。

 

 

 

Non Stop Rabbit

 

 

「Non Stop Rabbit(ノン ストップ ラビット)」は、2020年8月にメジャーデビューを果たした、スリーピースロックバンドです。

 

 

バンド名は「ノンラビ」と略されることもあります。

メンバーは田口達也・矢野晴人・太我で、YouTuberとしても活動しているため、「Y系バンド」といわれることもあります。

 

Non Stop Rabbitは2016年に結成していて、バンド名はおとぎ話の「ウサギとカメ」によるもので、名付け親は太我です。

 

 

所属レコード会社はポニーキャニオンで、

2020年12月9日にフルアルバム『爆誕 -BAKUTAN-』をリリースすることが決定しています。

 

 

Novelbright

 

 

「Novelbright(ノーベルブライト)」は、2020年8月にメジャーデビューした5人組ロックバンドです。

略称は「ノーブラ」「ノベブラ」といわれていて、公式ファンクラブは「NOVELCITY」という名前になっています。

 

 

バンド名の由来は「新たな輝き」という意味で、「新しい光になれたらいいな」というメンバーの思いが込められています。

 

メンバーは、竹中雄大、山田海斗、沖聡次郎、ねぎ、圭吾の6人で、現在は竹中のみがオリジナルメンバーです。

結成自体は2013年ですが、2017年1月に山田、沖、ねぎが加入、2019年1月に圭吾が加入しました。

 

2020年8月に新曲「Sunny drop」でメジャーデビューを果たし、

所属レコード会社は、ユニバーサルミュージック内のユニバーサルシグマです。

 

 

2020年11月にはミニアルバム『SKYWALK』の収録曲である「Walking with you」の再生回数が1億回を突破するなど、人気を集めているアーティストです。

 

 

 

上半期CD売り上げランキング

 

 

上半期のCD売り上げランキング、シングルベスト10をご紹介します。あなたが聴いている曲もきっと入っているでしょう。

 

 

 

1位「I LOVE…」Official髭男dism

 

official髭男 I LOVE

 

 

「I LOVE…」は、TBS系火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の主題歌となった曲です。

人気アーティストが歌うヒットドラマの主題歌だったので、ブレイク必至の曲だったといえるでしょう。

 

 

 

2位「紅蓮華」LiSA

 

 

「紅蓮華」は、今年を代表する歌といっても過言ではありません。

2020年の大ヒットアニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマで、聴いたことのない人はいないほど、街中で流れていた曲だといえるのではないでしょうか。

 

 

3位「Pretender」Official髭男dism

 

 

「Pretender」は、映画「コンフィデンスマンJP」主題歌としてヒットしました。映画中で流れる曲が映画の面白さを引き立てています。

 

 

4位「白日」King Gnu

 

 

「白日」は、日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌でした。

今年もKing Gnuの活躍はめざましいものがありました。

 

 

5位「あなたがいることで」Uru

 

「あなたがいることで」は、TBS系日曜劇場「テセウスの船」の主題歌としてヒットしました。

女性の繊細ながらも力強いボーカルに心をつかまれた人は多かったのではないでしょうか。

 

 

6位「パプリカ」米津玄師

 

 

「パプリカ」は、5人組の「Foorin」が歌っていましたが、作詞作曲をした米津玄師が歌って話題になっていました。

子どもたちの爽やかな声とはまた違う、雰囲気のあるボーカルでおしゃれにアレンジされています。

 

 

7位「馬と鹿」米津玄師

 

 

「馬と鹿」は、TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌でした。

サウンドが米津玄師らしい世界観に仕上がっています。サビの引き込まれるような、力強い言葉が人気の理由ではないでしょうか。

 

 

8位「まちがいさがし」菅田将暉

 

 

「まちがいさがし」は、ドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌で、

米津玄師が楽曲を提供したことでも有名です。

 

アーティストの菅田将暉が有名となった曲ですが、米津玄師の作詞作曲の力を垣間見られた作品でした。

 

 

9位「Lemon」米津玄師

 

 

「Lemon」は、TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌です。

癖になるようなサウンドでリピートして聴いていた方も多いのではないでしょうか。

 

 

10位「マリーゴールド」あいみょん

 

 

「マリーゴールド」は、キリンビール「淡麗グリーンラベル」のCMソングで、爽やかなサウンドで歌いやすく、カラオケなどでも歌った人が多かったはずです。

 

 

 

2020年ヒットソング

 

 

2020年もヒットソングが続々と登場しています。今旬の2020年ヒットソングにしぼってご紹介します。

 

 

「炎」LiSA

 

 

「炎」は、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌としてヒット。

映画も興行成績が初動200億円を突破するなど、日本のアニメ映画の記録を塗り替えそうな躍進をしています。

 

前作の「紅蓮華」とは違いバラードで、映画の感動とリンクする歌詞に感動した人も多かったのではないでしょうか。

 

 

「宿命」official髭男dism

 

 

「宿命」は、2019ABC 夏の高校野球応援ソング「熱闘甲子園」のテーマソングです。

勇気づけられるようなメロディが高校野球とマッチしていました。

 

2020年は特別な形での甲子園となりましたが、青春によりそうような歌詞にロングヒットとなっていたのでしょう。

 

 

「Make you Happy」NiziU

 

 

「Make you Happy」は、2020年6月30日にプレデビューデジタルミニアルバムに収録された曲です。

 

韓国の有名プロデューサーJ.Y.Parkがオーディションを主催し、

選ばれた日本人女性9名でデビューが決まりました。

 

2020年12月に正式デビューが控えているものの、すでに爆発的な人気を集めていて、これからが楽しみなアーティストです。

 

 

 

「感電」米津玄師

 

米津玄師 感電

 

「感電」は、TBSテレビ金曜ドラマ『MIU404』の主題歌のために書き下ろされた楽曲です。

2020年8月のアルバム『STRAY SHEEP』に収録されています。

 

ミュージック・ビデオは公開からわずか127日目で1億回再生を達成しました。

 

 

「D.D.Imitation Rain」SnowMan vs SixTONES

 

 

「D.D.Imitation Rain」は、SnowManとSixTONESの同時デビュー曲です。

 

SixTONESがメインの『Imitation Rain D.D.』、Snow Manがメインの『D.D. Imitation Rain』が発売されて、僅差でSixTONES盤が上位を飾っていました。

 

 

「猫」DISH

 

 

「猫」は、あいみょん作詞作曲の曲で、2017年リリースのシングル「僕たちがやりました」のカップリング曲でした。

その後2020年3月にYouTubeチャンネルでメンバーがアレンジして披露したことがきっかけで反響を呼び、ストリーミング再生回数が1億回を突破しました。

 

 

「しあわせの保護色」乃木坂46

 

 

「しあわせの保護色」は、2020年3月に発売されたCDで、センターは白石麻衣が務めました。

 

同シングルをもって白石麻衣が卒業することになっていたため、カップリング曲には白石の卒業曲「じゃあね。」が収録されています。

この曲は白石が作詞を担当していて、乃木坂46では初のメンバー作詞曲となっています。

 

 

 

聞き終わったCDはBUY王へ

聞き終わったCDが眠っていませんか?

 

聞かなくなったCDは、BUY王に売りましょう。

特に2020年は外出自粛期間中などに、普段よりCDを購入して聞いていたという人もいるかもしれません。

外出自粛が解除されて、聞かなくなったCDを売るチャンスです。

 

また、今年はサブスクリプション解禁の年でもあったので、CDでしか聞けなかったあのアーティストの曲も手軽に聞けて、CDがいらなくなったということもあるかもしれません。

 

大掃除の前にCDを整理してみませんか?

 

BUY王は宅配買取専門のため、家で売りたいものを段ボールにつめて、

宅配会社に受け渡すだけで買取ができてしまいます。

 

店舗型のような面倒な手続きや待ち時間がないため、時間がなくても売ることができます。

他にも、宅配の送料が無料なのも魅力。売れたお金から送料が引かれてしまったら、もったいないですよね。

 

その点、BUY王なら安心です。宅配買取専門店ならではのノウハウがあるので、買取を安心して任せられます。

 

眠っているCDを売って、新しくほしいと思っているCDの資金にしたり、サブスクの音楽に使ったり、自分らしく音楽を楽しめる方法で利用しちゃいましょう。

 
 
簡単!ネット宅配買取BUY王はこちら!→→→ BUY王トップページへGO!
 
 

カテゴリー アーカイブ